自分に合うクレンジングでエイジングケア

自分に合うクレンジングでエイジングケアをしましょう。

自分に合うクレンジング選びをするときには、自分の肌に合うものを選ぶということと、その日のメイクに合わせるということが必要です。できればメイクに合わせて使い分けられるように、複数のクレンジングを用意しておくとよいです。

メイク汚れが残っているとせっかくのスキンケアコスメが肌に浸透していきません。

クレンジングのエイジングケアに関する有益な情報をご紹介いたします。

だからといって洗浄力が強すぎるものを毎日使っていては肌にダメージをあたえてしまいます。
エイジングケアのためには、肌へのダメージは最小限にして汚れを落とすことが必要です。



肌との相性のよいクレンジングを見つけて、上手に使うようにしましょう。
肌のタイプは大きく分けて、乾燥肌・敏感肌、オイリー肌、混合肌に分けられます。

乾燥肌・敏感肌の方は、肌への刺激を最小限に抑えるために肌への刺激が極力少ないものを選びましょう。



クリームやミルクのタイプが向いていますので、クリームやミルクタイプの中から肌に合うものを探すとよいです。
オイリー肌の方も皮脂を落とし過ぎるというのはよくありません。皮脂を落とし過ぎることで皮脂の過剰分泌を招くからです。

しっかりメイクのときにはオイルタイプを使うとよいですが、毎日、オイルタイプというのも刺激が強くなりすぎます。
メイクが薄い日などはローションやジェルといった刺激の少ないタイプを使うなど、使いわけをしましょう。


混合肌の方は、オイルタイプとミルクタイプを使い分けるとよいです。
エイジングケアのためには、なるべく負担の少ないクレンジングを選ぶほうがよいですから、毎日オイルタイプというのは避けましょう。